ドメインを学ぼう!

ドメインの契約期限が切れる失効問題

ドメインを取得した場合、最初に支払った料金のみで半永久的に利用できるわけではなく、利用期限が定められています。一般的に最低利用期間は1年間、最大では10年までになっています。もし、10年経ったらどうすればいいのかというと、更にお金を払って契約を更新するのです。そうすれば、継続して利用することができます。
こうしたことを知らずにドメインを取得した場合に起きるトラブルとして、ドメインが失効してしまうというものが挙げられます。たとえば、利用期間1年で契約したドメインがあり、1年後に契約を更新しなかった場合、元の利用者の利用権利がなくなってしまうので、期限が過ぎた時点で使えなくなってしまうのです。もし、ウェブサイトやメールアドレスに利用していた場合、サイトにアクセスできなくなったり、メールの送受信ができないという事態に陥ってしまいます。
ただ、期限が切れた後でも更新を契約できるシステムが存在するので、失効させてしまった場合でも利用権を取り戻すことは可能です。

ドメインの期限切れに気をつけて

 独自ドメインを取得すると、基本的に年契約が多いですので、そのドメインについては年1回更新手続きが必要になります。
自動更新などの設定をしてあるとクレジットカードなどから自動的に引き落とされますが、そうでない場合は、更新日が近づいてくると、管理業者からお知らせのメールが来るので、それに従い更新するものについては更新手続きをします。
しかし、メールを見落としていた場合などは、更新期限を過ぎてしまうとそのドメインが失効してしまう場合があります。
この場合、期限が切れた後しばらくなら復活できる場合があります。
会社によってその期限が違うことがありますので確認してみるとよいでしょう。
もしそれも過ぎてしまうと他の人に取得などされて再度取得することが困難になる場合があります。
そのような失敗をある程度防ぐ方法として、複数年先払いしておく方法もあります。
最近も為替などの影響で特定のトップレベルドメインの値上げがありましたので、そのようなリスクを避ける上でも有効な方法だといえるでしょう。

pickup

Last update:2017/5/1