ドメインを学ぼう!

どのような綴りのドメインの人気が高いのか

インターネット上であるドメインは、基本的に申請者が早い者勝ちで利用することができます。そのため、人気のある綴りのドメインは既に登録者がいて利用できないというケースが少なくありません。
では、人気のあるドメインの綴りとはどういったものかというと、まずは、文字数が少ないものです。最短1文字から登録できますが、3文字までの組み合わせはすべて登録者がいるというドメインも存在します。文字数が1文字のものは非常に希少価値が高く、数億円で取引されることもあります。また、英単語など、わかりやすい綴りになっているものも人気があります。
綴りが有名企業の社名と同じというものも人気がありますが、こういったものは仮に取得したとしても、後々、使えなくなってしまうケースも少なくありません。なぜかというと、企業が、それは我が社の名前であり、勝手に取得しないでほしいと訴えた場合、基本的には企業の主張が認められるようになっているからです。

人気のあるドメインとは

 インターネット上の住所というべきドメインは人気のある分野とそうでない分野があります。ではどのような分野が人気があるのでしょうか。以下にそれらの一般的な傾向を記します。
 インターネット上で取引をしている会社・サービスなどは特にそうですが、お金のやり取りに近づくほど競争率は高くなります。似たようなドメインでもより商売を名称化したものや、お金のやり取りに結びやすいほど、それを目的とした業者などには価値があるドメインということになります。直接商売に近いものでないようなものも、話題が集まるとそこから派生して金銭のやりとりなどの可能性が出てきて競争率が高くなる場合があります。これらの価値があると認識されたドメインはオークションなどで高値で取引されることもあります。
 基本的に早いもの勝ちですから、あまりに一般名詞に近いものや商売から単純に連想できるものなどは、とっくの昔に他の誰かに取得されている場合が多いものです。

check

最終更新日:2017/5/1